リアルタイムに売り上げを把握出来るPOSレジ

スーパーや飲食店、居酒屋店などでのレジシステムにPOSレジを採用しているケースが多く在ります。

産経ニュースについて考えます。

POSレジと言うのは、商品タグに付いているバーコードを直接読み取ることでレジ入力をすることなく会計処理が出来たり、液晶画面に表示されている商品などを選ぶ事で会計処理が出来るなど、レジ処理の効率化を図ることが出来ると言うメリットが在ります。

飲食店や居酒屋店などの場合は、タブレット端末を使う事で注文情報をレジシステムに送信する事でリアルタイムに現在のオーダー数などのチェックが可能になりますし、通常お客さんが帰る時にレジで精算を行う事になりますが、このレジでの清算もPOSレジを利用する事でオーダーが入ると同時に集計処理が行われていくことになるため、お客さんが帰る時点で既に集計が行われている為、お客さんを待たすことなく会計処理が出来ると言うメリットも在ります。

スーパーなどの場合、売れ筋商品には何が在るのかと言った事を、システムを導入する事でリアルタイムに見る事が出来るなど、現在の売り上げについてもリアルタイムで知ることが出来ると言ったメリットも在ります。



尚、最近の飲食店や居酒屋店の中には注文を行う時に、テーブルに設置されているタブレット端末を利用して注文する所も多くなっています。

タブレット自体がメニューになっており、選んだメニューを調理場に在る端末が受け取り、調理を行ってテーブルに従業員が運ぶと言う流れになるもので、従業員の業務効率を改善する事が出来ると言ったメリットもPOSレジには在ります。