価格に比例して機能が上がるポスレジ

ポスレジはPointofsalesの略称であるPOSシステムとキャッシュレジスターのセットにした言葉です。

快適な暮らしを実現するための教えて!gooが今、話題になっています。

一般的にはスーパーレベルのお店から大規模なデパートまでの売上に関する機械だといっても過言ではありません。

ポスレジの価格の正しい情報はこちらです。

これらのポスレジは規模によってかなりの価格に差がついてきます。

価格差が一番大きなものとしては支払い方法の差ともいえます。
従来のレジでは現金が主流であり、お釣りを返すだけのシステムも多かったのですが、クレジットカード、電子マネー、ポイントなど多岐に渡る支払い法があります。
しかも、チェーン店のようにセンターに問い合わせてポイントを確認する場合もあれば、クレジットカードセンターに問い合わせて利用できるか与信するケースもあります。

さまざまなお客様のニーズに合わせるために高価なポスレジとなっていくと考えられます。さらにポスシステムの中核でもあるサーバも高価な製品であり、システム全体の価格は年々高くなる傾向があります。



一定の仕事なのだから価格が下るのではないかという意見もありますが、特にデータ分析については年々進歩がまだ続いており、オプションとはなりますが、有効なソフトウエアが多数あり、採用する店舗が多いためです。

また電子マネーの種類もまだまだ増加の傾向が強く、キャッシュレジスター自体の価格も高値が続いています。

ただし、タブレット型など割りきったレジも登場しており、両極端なシステムが登場しています。